無農薬の牧草を食べて、のびのび育った、健康なジャージー牛から搾られる、
濃厚で貴重なゴールデンミルク。
製造工場の十勝ミルキーと提携している髙田牧場では、
NON -GMO給餌や、愛情たっぷりの個体管理などを行い、
より健康なジャージー牛の飼育と、
より良質で安全なジャージー牛乳の生産を行なっています。

安心安全なNON-GMO給餌
健康で良質な牛乳を生産する、髙田牧場のジャージー牛
安心安全なNON-GMO給餌
健康で良質な牛乳を生産する、
髙田牧場のジャージー牛

NON-GMO飼料ってなに? NON-GMO飼料ってなに?

牛のごはんは主に2種類!!

  • 粗飼料ごはん

  • 濃厚飼料おかず

  • 粗飼料とは?そしりょう

    牧草やデントコーンを元につくられたエサのこと。
    乾草(牧草を乾かしたもの)・サイレージ(発酵させたもの)など。
    髙田牧場は8割の自給率!!

  • 濃厚飼料とは?のうこうしりょう

    トウモロコシ・大豆・麦などを加工したエサ。
    エネルギーやカロリーが高く、乳の出に合わせて調整します。

粗飼料の自給率が高いのは、ワタシたちの寝床(牛舎)だけじゃなく、広ーい土地(畑)があるから出来る、ものすごーくスゴイことなんだよ!!

粗飼料の自給率が高いのは、ワタシたちの寝床(牛舎)だけじゃなく、広ーい土地(畑)があるから出来る、ものすごーくスゴイことなんだよ!!

エサ全てが非遺伝子組えで、どの飼料をどの位の期間、どの位の量をあげたかなどを細かく管理。 髙田牧場では沢山の厳しいルールを守ってジャージー牛を育てています。

味も栄養分も極上!
ジャージー牛の牛乳って他の牛乳と何が違うの?
味も栄養分も極上!
ジャージー牛の牛乳って
他の牛乳と何が違うの?

ジャージー牛ってどんな牛? ジャージー牛ってどんな牛?

ジャージー牛は、イギリスのジャージー島が原産の淡い茶色の毛色の乳牛です。

体格は背の高さや肉づきは、一般的に乳牛と知られるホルスタインの2/3ほどの小ぶりな牛で、人懐っこく温厚な性格です。

そのミルクの栄養価、おいしさは知られていても、搾乳量の少なさ(=生産効率が低い)から、国内での飼育頭数は圧倒的に少ないのです。

ゴールデンミルクと呼ばれるジャージー牛の牛乳 ゴールデンミルクと呼ばれる
ジャージー牛の牛乳

原産のイギリス王国の御用達とも言われたジャージー牛のミルク。

ジャージー牛のミルクは乳脂肪・βカロテンにより、薄らとした黄色みを帯びていることから、『Golden-Milk』と呼ばれてます。

  • 乳脂肪が
    高い!

  • 乳タンパク
    質が高い!

  • 無脂
    乳固形分が
    高い

  • 濃厚で
    コクのある味

  • 乳脂肪が
    高い!

  • 乳タンパク
    質が高い!

  • 無脂
    乳固形分が
    高い

  • 濃厚で
    コクのある味

髙田牧場のミルクが
『プレミアム牛乳』とされる理由
髙田牧場のミルクが
『プレミアム牛乳』とされる理由

十勝ミルキーは、
髙田牧場の良質な生乳を原料に、
牛乳やヨーグルト、ソフトクリームなど
数多くの乳製品を作っています。

広大な十勝でのびのび育てられた、髙田牧場の牛たち 広大な十勝でのびのび育て
られた、髙田牧場の牛たち

お日様をたくさん浴びた、
牧草と牛たち

日本一日照時間が長い十勝。

飼われているジャージー牛も太陽の光を浴び、栄養満点で無農薬の牧草を食べ、のびのびと健康的に育てられた牛乳を使用しております。

太陽の光をたっぷり浴びて育つ牧草には、ビタミンやカロチンが豊富に含まれているため、牛たちにも栄養価の高い牧草を与えることができています。

鹿追とはアイヌ語で、
『クテク・ウシ』(鹿捕り柵・あるもの)

手間ひまとコストをかけた牛の飼料 手間ひまと
コストをかけた牛の飼料

牛のエサに手間ひまと、コストをかける理由

髙田牧場のミルクが、極上とされるポイント 髙田牧場のミルクが、
極上とされるポイント

  • NON-GMO
  • ジャージー牛
  • ゴールデン
    ミルク
  • 安心安全で、より品質の良い生乳を生産するため、あえてコストと手間をかけ、NON-GMO給餌で牛たちを愛情込めて育成し、責任と誇りを持てる酪農を実践しています。

    ※GMO(遺伝子組替え)作物:成長が早い、収穫量が増える、などといった農業の生産効率が高い一方で、環境・生態系への影響や安全性に疑問の声も…。

  • 可愛い薄茶の人なつこい牛の甘い牛乳。
    搾乳量は少ないけれど、ジャージー生乳の栄養価の高いおいしさには価値があります。
    共進会受賞歴を持つ髙田牧場のジャージー牛は、ミルク、体格ともに国内トップクラスです。

    ※過去の受賞歴:2015年 全日本ホルスタイン共進会 ジャージー種未経産 準名誉賞など

  • 牛の餌を作る畑(土)づくりなど、髙田牧場の努力と流れる水や気温、気候、目に見えない多くの自然の恵みの奇跡により、年間平均約6.0%の高い乳脂肪分(無脂乳固形分約9.2%)は生み出されています。

    これが「甘い!!」「うまい!!」と感じる、濃厚でコクがあるゴールデンミルクの理由です。

すべて安心安全で良質な、
おいしい牛乳づくりのため

髙田牧場は所属するJA鹿追町の
取り組みへ参画し、
JA鹿追町、ホクレン、弊社との4社で
プレミアム生乳取引(生産者指定)の、
取り組みを交わしています。